野バラ

街路樹の 彩を濃くして 澄み渡る

 

枯れゆく我に 野バラ赤の実


0 コメント

藤袴

万葉を 偲んで愛でる

 

藤袴 静かに秋を 連れて咲きける


0 コメント

紫陽花

一滴の 露受け止めて 紫陽花葉

 

想い深めて 彩を奏でる


0 コメント

鉄線

花言葉 「策略」という 鉄線の

紫濃くし つるのからみて


0 コメント

はつなつ

春の陽を 受け入れる程

 

ふくらみぬ

 

若葉のびゆく 北の地に生く


0 コメント

お雛様

如月の陽がやわらかく差し込む我が社の応接間

 

お雛様いっぱいの華やぎの空間です。

 

なぜか年齢男女を問わず一様に出る言葉は

 

『お雛様だねー』

 

春です!


2 コメント

早春

告白を つぼみに抱いて ネコ柳

陽ざしに向かい ふうわり咲きて


0 コメント

サンタ

真夜に聞く サンタ足音 響き合う

お届け物は あなたの心に


0 コメント

聖夜

お約束 白き便りの お返事は

 

小さな箱が 真夜に届きて


0 コメント

吾亦紅

一夜のみ 夢を咲かせて 夏花火

 

愁い濃くして 吾亦紅の赤


0 コメント

赤まんま

この先の 決断一つ 赤まんま

 

実の幾つもを 大地にこぼす


0 コメント

糸すすき

追いかける 夏の思い出 糸すすき

 

風吹く先に 葉先向かいて


0 コメント

蝦夷梅雨

紫陽花に

 

雨粒あたる

 

7月は

 

心の中にも雨降る日あり


0 コメント

『伸びゆく夏』

花も人も上を向こう

 

 

きっとそこに希望があるから・・・


0 コメント