本町市営住宅 小規模治山工事 - 3

現場代理人の掛です。

 

歌志内は降雪がなく、 順調に施工が進んでいます。

本工事でのメインである「連続繊維補強土工」の吹付が

始まりました。

砂と繊維(糸)とを絡めながら吹き付けていく工法で、

初めて作業を見ましたが、繊維(糸)の管理を上手にしないと

吹付作業が停止してしまいます。。

 

スキルアップに繋がった感じですね。

 

 


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    犬好き代理人 (火曜日, 14 2月 2017 13:47)

    ノズルの動きが特異ですね!
    早送りで見てるのかと思ったわ(*_*)。
    この工法の採用理由は、冬期施工に適しているという事かな?
    工程も終盤と思いますがご安全に。

  • #2

    山の住人 (水曜日, 15 2月 2017 08:23)

    冬期施工
    ・メリット ~温水を使用しているので、多少の降雪は解けるので除雪の必要がない。
    ・デメリット~外気温が低いと砂が凍結してしまい、リバウンド材の撤去に支障がでる。
    こんな感じですかね・・ざっくりですが。